Nature

目次のページへ

三脚に取り付けた自作ポータブル赤道儀。上のボードに星を追尾するための小型望遠鏡やカメラを取り付けて使用する。
作る!

自作ポータブル赤道儀

File No.009

 高校の時に自作したポータブル赤道儀。ポータブル赤道儀というのは、取り付けたカメラなどを星の動きに合わせて動かし、長時間露光によって星を点として撮影するための赤道儀を携帯しやすいようにポータブルにしたもの。天体望遠鏡メーカーも商品化しているが、自作する人も多い。私もそれを真似て作ってみたのだ。肝心のベアリングは、夏休みのある日、高校の天文地学部の友人と広島市にあるベアリング類の専門卸業者を訪ねて、軸とタンジェントスクリュー部分の計4個を購入した。
 一番困ったのが、最適のベアリングに合った径12ミリのパイプ素材が見つからなかったこと。10ミリや14ミリのパイプはあったのだが、12ミリのものはなかなか見つからなかった。ある日、ダイイチ(現在はデオデオという名前になった家電量販店)の本店地下にある電子パーツ売り場に立ち寄ってみると、偶然1本だけ12ミリのアルミパイプが販売されているのを発見。これによって、製作上の大きな問題がクリアになり、夏休みの1日か2日で完成させた。
 その懐かしの自作品を今日、屋根裏部屋を探して見つけ出した。改めて見てみると、我ながらよく作っていると感じたが、やはり所詮、高校生の工作だから、ガタもあるし、不十分な部分もいろいろと目につく。今、作.るとしたらもっと丁寧に作るのは間違いない。
 このポタ赤(ポータブル赤道儀の略)は、作ったものの一度も自分では使用しなかった。なぜなら、きちんとしたメーカー製のポタ赤も持っていたからで、試しにガイド撮影しようと思っているうちに天体写真から遠ざかってしまい、それ以来、お蔵入りになったままだった。そういえば天文地学部の合宿に貸してほしいといわれ、友人に貸したことがあったくらいだ。