Nature
作る!

ウォークマン用エルゴノミクスイヤホンアダプター

File No.001

 最近は耳に掛けるタイプのイヤホンもあるが、私が大学生の頃は薄いパッド付きのイヤホンを耳の穴に入れるタイプが主流だった。長時間付けたままにしていると耳が痛くなったり、何かの拍子に外れたり、あまり使い勝手はよくなかった。そこで私が試作したのが、このエルゴノミクスイヤホンアダプター。エルゴノミクス、つまり人間の身体に合わせた究極のイヤホンにするためのアダプターというわけである。
 当時、東急ハンズでお湯に浸ければ自由に造形できる「自由樹脂」という商品が販売されていた。この自由樹脂をお湯で柔らかくして、ちょっと熱いのを我慢して自分の耳に押し当てて型取りし、あとは中心に穴を開け、通常のイヤホンを取り付けられるように後部を造形。最後にドライヤーで熱風を当てて表面を仕上げた。

 このアダプターが優れているのは、自分の耳に完璧に合っているので、どんなに長時間使用しても耳が痛くなることもなく、しかもばすれにくいので、使用感が非常にいいこと。ただ商品化が無理なのはいうまでもない。

アダプター後部にはイヤホンと同じ大きさの穴があり、そこにスポッとイヤホンを押し込む造りにした。使用する時は少し回転させるようにすれば、簡単に耳に取り付けられる。

目次のページへ