Nature
作る!

 先月(2007年7月)に製作し実家に設置した、まったく新しいアイデアによる防犯装置。中身を詳しく紹介するわけにはいかないが、少なくとも現在のところ同様の方法を基にした市販の防犯装置は存在しない。センサーを利用するところは、ほかの防犯装置と同じだが、そのあとがちょっと違う。このアイデアが浮かんだので、ホームセンターなどで材料を調達(費用は約7000円程度)し、それを約2日ほどで組み立てた。
 実際に設置して、うまく動作するかどうか確認したところ、ほぼ問題なく動いた。あとで少し改良し、今後も様子を見て、さらに改良する必要が出る可能性もあるが、とりあえず完成だ。
 同様の方式による防犯装置はあってもよさそうなのだが、なぜか存在しない。確かにこの方式はマンションやアパートのような集合住宅では効果が低く、一軒家の方がベター。しかし、一軒家であれば防犯効果は高いものと考える。

新方式による防犯装置

File No.0015

目次のページへ

板を切断して組み立て塗装した防犯装置の外観(左)。一部にモザイクがかかっているのは、企業秘密だから(笑)。この部分がクリアだと、どういうシステムかわかってしまう可能性があるのでモザイクをかけさせていただいた(でも頭のいい人なら、このページの記事を読んだだけで、ある程度想像つくかもしれない)。この箱は入れ物にあたり、中には、防犯とは何の関係もない、ある装置が入る。この装置まで自作したわけではなく、要は市販品の「組み合わせ」。だから箱の製作と設置作業を除けば、あとの作業は比較的簡単だった。右側は部屋の中に取り付けた防犯装置のスイッチ。常時オンにしておくのではなく、外出時にオン、帰宅時にオフにするために取り付けた。