Nature
Profile

日 野 東

1964年、広島県生まれ
広島県立広島国泰寺高校
東京農業大学農学部農芸化学科卒(現・応用生物科学部生物応用化学科)。
大学に入学するまで過ごした広島市が郷里。
大学では、応用微生物学を専攻したが、6年間、編集者として出版社に、
さらに環境調査会社と編集プロダクションにも勤務したのち、
1997年よりフリーのカメラマン兼ライターとして独立。
旅行情報誌や山岳雑誌などに写真と記事を提供するほか、著書は多数。
現在は神奈川県秦野市に在住。一年を通して、時間が許す限り
全国各地で取材を続けている。

取材対象は、簡単にいえば自然と花。
有名な場所よりも、無名の場所を発掘することを心がけている。
山、湿原、森、渓谷、滝、巨樹、人工的な花名所など、あらゆる自然と花を取材対象にしているが、特に湿原はライフワーク。道が通じアクセス可能な湿原を全国制覇するのを目標にしている。
また植物は雑草から絶滅危惧植物まで。ほかに野生動物や自然現象など自然全般にも興味がある。



登山歴=約40年(狭義)。幼児の頃から山に連れて行かれているので、広義では年齢とほぼ同じ登山歴をもつ。ただ小学校高学年から大学に入って本格的に登山をするまでの間は年に1〜2回(中にはゼロの年も)という疎遠になった期間もあるので、それを除くと約40年ということになる。
 
写真歴=約40年。初めて一眼レフカメラで接写したのは小学校4年生の時。中学生の時は天体写真にのめり込み、高校生の時にこずかいを貯めて(多少、親から援助あり)自分専用の一眼レフカメラNikonFE(のちにモータードライブ付きに進化)を購入。以後、写真街道をひた走る。これまでに愛用した一眼レフカメラは、現在使用中のもの、銀塩&デジタル、35ミリ&中判、すべて含めて計12台。ほかコンパクトカメラ等は計5台。

植物写真歴=約25年。出版社に勤務していた頃、仕事で接する機会が多かった植物写真に触発され、時に仕事の上でも撮影する必要に迫られたこともあってプライベートでも撮り始めたのがきっかけ。やはり大いに影響されたのが、全国津々浦々まで足をのばし、膨大な種類の写真を撮影されている植物研究家のH先生。その行動力は本当にすごい。私にとって植物探訪の目標とする人物でもある。でも、一生かけても先生には適わないだろう。

運転歴=約30年。大学生の時に普通運転免許を取り、以後、些細な事故や些細な違反が何度かあったくらいで今日まで来た。ただし、ゴールド免許になったことは一度もない。数年前にその直前まで行ったが、早朝の日光で一時停止を怠ったために白黒の車に呼び止められ、敢えなく夢が消えた(笑)。

  車中泊歴=約20年。1993年に最初の車を買ってからというもの、ずっと山行はほぼすべて車中泊。フリーになった以後も取材はほぼすべて車中泊。今でこそ車中泊は流行っているが、1990年代は「車中泊している」というと驚かれることも多かった。でも、このスタイルだったからこそ、経費がかからず、より多くの場所に行くことができたし、フリーとしても都合がよかったともいえる。ちなみに最初の車の車中泊回数は記録していないが(調べればわかるが)、2台目は記録しており、2013年11月現在、約5年半で320泊。

  パソコン歴=約15年。長い間、お金を使いたいのは山行&カメラの方だったこともあって、初めて買ったのは結構遅くてフリーになってから。もちろん仕事上必要だったこともある。しかし、その前から「いざやりはじめるとパソコン好きになるだろう」と予想した通りの状態に現在なっている。結果、これまでにデスクトップ&ノートパソコン合わせて7台を買い、そのうち5台を現役で使っている(うち1台は引退間近)。パソコンなしでは生きられないな〜。



仕事の上では法人組織・有限会社ウェイ。

日本植物分類学会日本自然保護協会・山徒人の会会員

ひの あずま